ブログ

電動自転車が出荷好調

電動アシスト付き自転車の販売が好調です。自動車免許を自主返納する高齢者の購入が追い風となり、2018年の国内出荷台数は直近5年で4割増えています。自転車販売最大手のあさひが10月に免許返納者を対象にした購入割引プランを発表するなど、企業も需要の取り込みを急いでいます。免許自主返納は他人事ではありません。実に悩ましい問題となっています。

スルガ銀行が債権放棄へ

スルガ銀行による不正な融資で過大な借り入れをしたシェアハウスの所有者が、物件を手放せば借入金の返済を免除されることで調整が進んでいることが明らかになりました。同行としては、創業家との資本関係を解消したことに続き、不正融資問題を解決して不祥事に区切りをつけるのが狙いのようです。

ヤフー・LINEが統合

ネットサービス「ヤフー」を展開するZホールディングスとLINEは、2020年10月に経営統合することで基本合意したと発表しました。ネット企業としては日本最大となり、米国のGAFAや中国のIT大手に対抗します。今回の水平統合は、グローバル競争で出遅れた両社が国内のデータ獲得競争で優位に立ち、世界に本格的に挑戦する新たな第一歩になります。

GDP前期比0.2%増

内閣府が14日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、年率換算の前期比で0.2%増にとどまりました。中国経済の減速が止まらないなど、海外経済の減速は続いており、消費税率引き上げ後の景気が持ち直すには時間がかかる恐れがあります。ここは、正に正念場となります。

「桜を見る会」が中止へ

首相主催で毎年春に開く「桜を見る会」について、2020年は中止することが発表されました。桜を見る会は、1952年に始まり、各界の功績や功労があった人を招いています。招待基準の明確化やプロセスの透明化を検討し、予算や招待人数を含めて全般的に見直し、2021年以降再開するようです。長年続けていると何事もそうですが、当初の趣旨・目的や理念までも見失われるようです。

タイトなスケジュール

忙しいときは、早く楽をしたいと思いますが、イザ時間ができると「何か物足りない」と感じます。今週もタイトなスケジュールです。定例相談業務に出張、それから金融専門誌原稿執筆と続きます。今までの経験から多少なりとも仕事に追われているほうが良い仕事ができるように思います。今週もなんとか乗り切ります。「一日一生」とは、一日一日一生懸命に生きることがかけがいのない一生に通じます。

ソフトバンクG7000億円の赤字

ソフトバンクグループが6日発表した2019年7~9月期の連結決算が最終損益が7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)と同社の四半期では過去最大となりました。10兆円を運用する「ビジョン・ファンド」などファンド事業で1兆円弱の損失が発生したことが主要因です。今後は、多額の資金を投じて投資先に規模の利益を追求させる戦略の見直しが求められます。

中高年会社員へ学び直し支援

厚生労働省は45歳以上の中高年の会社員に特化したリカレント教育(社会人の学び直し)の講座を始めます。社内で教育メニューを構築することが難しい中小企業の社員を対象に、若者への技術伝承に有用なコーチングの技術などを学ぶ機会を提供します。2020年度予算の概算要求に1億9千万円を計上しています。同年度は1800人程度を対象に試験的に実施する方針です。これから中高年サラリーマンにはチャンスの到来です。

南アフリカが3度目V

ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会最終日は2日、横浜国際総合競技場で決勝を行い、南アフリカが32-12でイングランドを退け、2007年大会以来3度目の優勝を果たしました。44日間にわたって熱戦が繰り広げられ、特に日本のベスト8入りには日本全体が熱狂の渦に飲み込まれました。選手の皆さん!たいへんお疲れさまでした。そして、多くの感動をありがとうございました。次回23年大会はフランスです。

五輪マラソン札幌へ

2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に変更する国際オリンピック委員会(IOC)の計画について、東京都は受け入れる方針を固めたようです。開催が迫るなかで議論が長引けば、大会の運営に支障が出ると判断sたものと思われます。選手ファーストか、都民ファーストなのか、本当に苦渋の選択だと思います。いずれにしても大会の成功を願うばかりです。

サクラエビ不漁で廃業検討

駿河湾産のサクラエビの記録的不漁を受け、地元加工業者の4割が廃業を検討していることが静岡経済研究所の調査で分かりました。不漁による売上げ減や先行き不透明感が事業継続をためらわせており、サクラエビ経済圏の疲弊が浮き彫りになった形です。浜名湖産のうなぎと同じように駿河産というブランドの維持が難しくなりかねない状況です。美味しい海の幸(資源)がどんどん減っていきます。

 

全信協「第56回目利き力養成講座」

23日・24日と全国信用金庫協会主催「第56回目利き力養成講座」講義のため鎌ヶ谷市にあります全国信用金庫研修所に出張いたします。鎌ヶ谷市へは今年度最後の出張となります。天候が少し気になりますが、精一杯務めてきたいと思っています。

「紀行茶屋」さん(御前崎灯台前)

昨日、仕事で御前崎市商工会へ行ってきました。職員の方2人とお伺いしたのは、御前崎灯台前にある「紀行茶屋」さん。看板・一押しメニューの刺身定食をオーダーしました。肉厚のまぐろ、プリプリの海老、蟹と海老でダシをとった絶品のお味噌汁を堪能してきました。それから女将さんのキャラが実にいいです。飾らない人柄、人情味あふれることば、心が温まる一時でした。もちろん座敷から眺める太平洋、ロケーションも抜群です。中小企業診断士おすすめのお店です。

場所:御前崎市御前崎1570-1 御前崎灯台前

電話:0548-63-4320

営業時間:11:00~18:00

定休日:水曜日 予算:1,000円~2,000円

 

 

ドラフト会議2019

プロ野球ドラフト会議が開かれ、163キロの快速球を誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手はロッテ、夏の選手権で準優勝した石川・星陵高の奥川恭伸投手はヤクルトが交渉権を得ました。来シーズンの活躍が楽しみです。この時期は、引退するひと、新天地を求める人など人生悲喜こもごもです。

レシート→「お宝」

消費者にレシート情報を投稿してもらい、そこから「お宝」を発掘する動きが広がっています。レシートには、購入商品の明細だけでなく、日時や店舗の場所が記載され、消費者の購買行動を把握できるからです。人工知能(AI)の進化で印字情報のデジタル化が容易になり、ソニー系や楽天、東芝テックなどが相次ぎサービスを本格化しています。企業の経費精算や政府の統計調査でも活用が始まっています。

台風19号(最大規模)

大型で非常に強い台風19号が日本列島に接近し、首都圏を中心にした鉄道・航空の計画運休は過去最大規模となる見通しです。百貨店や飲食店が臨時休業を発表するなど、顧客や従業員の安全を優先して企業活動をあえて止める動きが進んでいます。地球温暖化の影響で巨大台風が日本を襲う恐れが強まるなか、休業などに伴うコストを踏まえても、リスクを避ける選択が企業に定着しつつあります。皆さん!くれぐれも台風の動きに警戒してください。

吉野彰氏にノーベル化学賞

スウエーデン王立科学アカデミーは、2019年のノーベル化学賞を旭化成の吉野彰名誉フェロー他2名に授与することを発表しました。スマートフォンや電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオン電池の開発で主導的な役割を果たしました。世界の人々の生活を変え、ITをはじめ産業の発展に貢献した実績が評価されました。吉野氏は「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要」とインタビューにこたえています。受賞おめでとうございました。

女性役員比率が2ケタに

東証株価指数(TOPIX)100を構成する企業の女性役員比率(取締役、監査役)が2ケタに達しました。7月末時点で10.5%となり、前年比2.5ポイント上昇しました。国際的にはまだ低水準ですが、女性を活躍を経営戦略として重視する企業が増えているほか、ESG(環境・社会・企業統治)投資の一環で機関投資家が登用を促しています。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、17年の世界の女性役員比率は、フランス43%、イタリア34%、OECD平均は22%でした。当事務所は女性起業家を応援いたします。

400勝投手逝去(金田正一)

プロ野球最多の通産400勝を達成し、ロッテ監督も務めた金田正一氏が86歳で死去しました。漫画「巨人の星」、ソフトボール投法、かねやんダンス、いろいろな思い出が頭をよぎります。ご冥福をお祈りいたします。

 

年金減額見直しへ(働く高齢者)

厚生労働省は働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度を見直します。今は65歳以上で47万円を超える月収がある人は年金は減りますが、月収を62万円に引き上げて対象者を減らす案を軸に議論します。60歳を超えても働く高齢者が増える中、年金が減る仕組みは就業意欲をそぐとの批判があります。見直しにより、働く高齢者を後押しします。因みに今の在職老齢年金では、60~64歳の人は賃金と年金の合計額が月28万円を超えると、公的年金の2階部分にあたる厚生年金が減ります。65歳以上なら月47万円を超えると減額となります。

SDGsが加速

国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)を普及させようと静岡県内の金融機関の連携が加速しています。県東部の4信用金庫が共同事業に向けた勉強会をスタートさせました。融資を通じて中小企業の取組みを後押しします。SDGsは収益につながりにくいと思われがちだからこそ金融機関が担う役割は大きいと思います。今後の方向性としては、事業性評価の中にSDGsの項目を加え、融資先企業の後押しを図ることになりそうです。

 

「第二の人生」もAI診断

日本IBMは人工知能(AI)「ワトソン」を使ってシニア世代の適職を診断するシステムを開発しました。音声による質問に口頭で回答すると、AIが適性の高い職業を選んで画面に表示します。シニア活用を推進するイベントなどに展示して社会貢献活動に活用します。商用化の予定はありませんが、就職支援機関や教育機関、人材派遣会社など向けに応用できる可能性があります。どうやら第二の人生もAIによって決められることになりそうです。

静岡・エコパの奇跡

ラグビーのワールドカップ1次リーグ第2戦、日本対アイルランドは28日、静岡エコパスタジアムで行われ、初の8強入りを目指す日本が優勝候補のアイルランドを19-12で破る大金星を挙げました。2連勝の日本は勝ち点を9に伸ばしてA組首位に立ちました。静岡・エコパの奇跡です。

第5回商店寺子屋(奥浜名湖)

第5回商店寺子屋が10月19日からスタートします。当事務所も参加しています。「起業であなたの夢を実現させましょう」と題して、無料起業相談会を開催いたします。

日時:令和元年11月7日(木)9:00~17:00

場所:奥浜名湖商工会2F会議室

定員:5組程度

連絡先:090-1475-5516

お気軽にお申込みください。

御嶽海が2度目のV

関脇御嶽海が12勝3敗で2度目の優勝を果たしました。大関昇進へ向けて大きな一歩を踏み出しました。1年納めの九州場所は11月10日から始まります。休場した2横綱がどの程度怪我が回復しているのか、栃ノ心は10勝して大関カムバックがなるのか、優勝決定戦で左胸を負傷した貴景勝は、出場できるのか、番付が上がる炎鵬は上位陣に通用するのか、など見どころがいっぱいです。戦国・下克上場所となることは必至です。

巨人5年ぶり優勝

セリーグは21日優勝へのマジックナンバーを2としていた巨人がDeNAに延長十回3-2で勝ち、5年ぶり37度目の優勝を決めました。今季から巨人で3度目の指揮を執る原監督にとっては通算8度目の優勝となりました。原監督の采配がチームの団結をに導いたことが優勝した大きな要因です。優勝おめでとうございました。

第9回ラグビーW杯

4年に1度開催されるラグビーの第9回ワールドカップ日本大会が20日開幕しました。東京スタジアムで行われた開幕戦では日本代表がロシア代表を30-10で下し、初の8強入りへ白星発進しました。海外からも40万人以上の来客が見込まれています。試合会場やキャンプ地も全国各地に広がり、経済効果も期待されています。「がんばれ日本!」

海面上昇が最大1メートル超

地球温暖化がもたらす影響について国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめる報告書の原案が判明しました。温暖化ガスの排出削減が進まないと、北極の氷が解けるなどして今世紀末までに海面が最大1メートルを超えて上昇すると予測しています。高潮や洪水によって世界の10億人が危機にさらされ、2億8000万人以上が家屋を失うとしています。温暖化によるリスクが改めて浮き彫りになりました。

「お試し転職」増加

社員として勤務先に所属しながら他社のインターンシップ(職業体験)の参加や副業を経て転職する「お試し転職」が増えています。面接選考のみでの転職と異なり、求職者と企業双方のミスマッチを防ぎ、転職者の定着率を高める効果を見込めるのが特徴です。企業が採用にかける時間や費用の負担が課題になるなか、関係者は新たな採用方法を模索しています。

情報銀行

富士通と三菱地所は12日、東京・丸の内地区の来街者から個人データを預かり、対価となる情報を提供する「情報銀行」などの実証実験に取組むと発表しました。情報銀行の仕組みを使い、副業を希望する同地区の従業者に企業を紹介するマッチングサービスなどを展開します。ビッグデータを活用して来街者に多様な交流の機会を提供し、地区の商業の活性化や新規事業の創出につなげます。ビジネスマンにとって副業を助長する選択肢が増えることになります。