ブログ

静岡県内景気判断を上方修正

日銀静岡支店は24日、9月の金融経済動向を発表し、全体判断を2年8ヶ月ぶりに上方修正しました。個人消費と住宅投資、輸出と生産の4項目で判断を引き上げた一方、公共投資、設備投資、雇用・所得の3項目は前回判断を維持しました。「景気」の気の字は気持ちの気とも言われます。少しずつでも景気が持ち直していくのであれば、今後も前向きな気持ちを持ち続けていきたいものです。

奥浜名湖商工会「事業計画策定実施支援事業」

65歳以上が28.7%

総務省が敬老の日を前にまとめた15日時点の人口推計によると65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人でした。総人口に占める割合は、0.3ポイント上昇の28.7%でともに過去最多を更新しました。2019年の65歳以上就業者数は18年より30万人増の892万人で過去最高でした。日本の総人口は前年に比べて29万人減の1億2586万人となる一方、高齢者人口は増え続けています。私ももうすぐ高齢者の仲間入りを果たします。まだまだ高齢社会の一員として地道に働きます。

設備投資計画11%減

静岡経済研究所が18日発表した静岡県内の中堅・中小企業の2020年度の設備投資計画は前年度比11%減と、3月時点の計画(5%減)をさらに下回りました。設備投資マインドを示す指数はマイナス38.2とリーマンショック後の09年3月調査(マイナス53.8)以来の低い水準です。コロナ禍の影響や米中貿易摩擦の激化で20年度の設備投資は一段と冷え込むことが予想されます。

運転免許証デジタル化

警察庁は運転免許証のデジタル化に向け、運用開始時期を含む工程表を年内にまとめるようです。マイナンバーカードと一体化し、スマートフォンのアプリに保存することで偽造防止や利用者の利便性向上につなげます。例えば、スマホなどで住所変更手続きができるようになれば、3密対策や引っ越し後に警察署に出向く必要がなくなり、警察の窓口業務の負担軽減にもつながります。一方で個人情報の管理などが課題になります。

TDRも人件費削減へ

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドが約4000人いる正社員と嘱託社員には冬のボーナスを7割削減するようです。国内レジャーで最有力企業である同社が本格的な人件費削減に踏み切ることで、同様の動きが相次ぐ可能性があります。「夢」と「希望」を売るディズニーランドでも、とても残念ですがコロナ禍には勝てなかったということでしょうか。

オンラインで取引先支援(相談業務)

信用金庫が取引先支援のオンライン化を進めています。コンサルティング会社などとセミナーを開き、寄せられる相談に対応しています。東京都内では、よろず支援拠点と連携してオンライン相談を強化する動きも出ています。従来の対面方式では拠点から派遣する専門家が対応できる案件数も限られますが、オンラインでは多くの相談に対応できるメリットがあります。金融機関に限らずこの傾向はますます強くなっいくものと考えられます。

新総裁選出へ(9月14日)

菅官房長官は、12日の日本記者クラブ公開討論会で、新型コロナウイルスへの経済対策を巡り、中小企業や国民への追加給付を「必要であればしっかり対応したい」と語りました。明日14日の両院議員総会で新総裁に選出される見通しです。コロナ禍で苦しい環境のなか、新総裁(総理)への期待が高まりそうです。正に菅さんに縋る(スガル)ことになります。

コロナ警戒レベル4➡3へ(静岡県)

静岡県は12日、新型コロナウイルスの警戒レベルを引き下げます。1週間の人口10万人あたりの新規感染者数が2週連続で基準を下回ったことなどを踏まえ、1~6段階のうち現行の4から3に改めます。県内から県境をまたぐ移動の回避を求める訪問先も東京都と沖縄県を外します。油断は禁物です!

新党名は「立憲民主党」

立憲民主、国民民主両党などがつくる合流新党に参加する国会議員は10日、新党名を「立憲民主党」に決めました。代表に立民の枝野幸男氏を選出しました。合流新党には衆院106人、参院43人の計149人が参加し、野党第1党となります。衆院解散・総選挙の憶測が流れるなか、捲土重来となるかその手腕が問われます。任期は2022年9月までです。

「GoTo地域クーポン」10月開始

赤羽一嘉国土交通省は8日の記者会見で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の地域共通クーポンが10月1日から利用できるようになると発表しました。旅行で訪れた地域、隣接エリアで飲食店や土産物店、観光施設への支払いのほか、交通機関でも使用が可能です。キャンペーンへの追い風となるのか注目です。

「スポーツ&アウトドア」が成長分野

経済産業省によると、アパレル業界の市場規模は1990年ごろに15兆円程度でしたが、10兆円まで落ち込んでいます。コロナ禍による外出自粛が影響し、レナウンが経営破綻し、オンワードホールディングスが大量閉店を決めるなど厳しい状況です。そのなかで、数少ない成長分野がスポーツやアウトドアの分野です。2015年ごろから「アスレジャー」と呼ばれる運動着を街着として使うファッションが流行しています。我々世代にとっては過去のジャージ文化のオシャレ版という感じでしょうか?

「デジタル庁」検討へ

菅官房長官は5日、日本経済新聞の単独インタビューに答える形で、新型コロナウイルスへの対応で遅れが明らかになったデジタル行政を加速するため「デジタル庁」の創設を検討すると明言しました。ビッグデータやITを使い迅速に対応した台湾や韓国などと比較され、日本はIT後進国ぶりを露呈したことが背景にあります。行政手続きのオンライン化や脱ハンコ、マイナンバーカードの普及にも取り組みます。早急に具体策をとりまとめ、年内にも法改正を検討するようです。必要不可欠な事案ですが、一般市民にもわかりやすい導入を望むばかりです。

近代セールス9.15総特集

近代セールス9.15総特集「ウィズコロナ時代の本業支援に強くなる」を執筆させていただきました。私の担当箇所は、「取引先が抱えるこんな悩みにはこのようにアドバイスしよう」で、客足の減少に関する悩みについて記述しています。ご興味のある方は、ご購読いただければ幸いです。当事業所HPからもご購入ができます。

長期インターンシップ登録が増加

夏休みなどに1ヶ月以上、実務に就く長期インターンシップの人気が高まっています。専門サイトでは登録者数が前年比3割増加し、月額40万円を支払う企業も相次いでいます。ジョブ型など専門能力を問われる雇用形態が増えるなか、学生は修業できる場を希望しています。企業は優秀な学生が大学で学んだ最新の知見を事業に生かす狙いがあります。こうした流れは、日本のインターシップの位置づけを大きく変えることになりそうです。

書類をロボットで電子化

富士ゼロックスは月内に米スタートアップのリップコードと新会社を設立し、ロボットを使って書類を電子化する事業を始めます。ホチキスを自動で外すなど人手の作業に比べて5~10倍速いといいます。データを活用しデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援にも事業を広げる考えです。新会社は2020年代半ばに売上高300億円以上を目指すとしています。

第17回起業サロン・先輩起業家に聴こう

はままつ起業家カフェ主催「第17回起業サロン(先輩起業家に聴こう)」が、10月22日(木)18:30~20:35浜松商工会議所会館1階

101会議室で開催されます。

お申込み・お問い合わせは、

TEL:053-525-9745

e-mail:sogyo@hama-cafe.jp

HP:http://www.hamamatsu-startup.com

スマホでQRコード納税

スマートフォンでQRコードを読み取ることにより、多様な税金を自宅で手軽に支払えるようになります。全国銀行協会が全自治体の納付書に印刷するQRコードの規格について検討を始めました。スマホ決済各社のサービスで利用できるようにします。地方自治体が扱う住民税や固定資産税、自動車税が対象となります。納税のためにコンビニや銀行に行く必要がなくなります。こうした流れもコロナ禍による影響が大きいのでしょうか・・・

マイナポイントが開始

各地の自治体が1日始まったキャッシュレス決済の新たなポイント還元策「マイナポイント」に連動した独自サービスを打ち出しています。上乗せ還元や設定手続きのサポートで申込者を増やし、新型コロナウイルスの影響で落ち込む地域経済を刺激するのが狙いです。

経営力向上計画認定

この度、当事務所の経営力向上計画が中小企業等経営強化法第19条第1項の規定に基づき認定されました。

新型コロナウイルス感染症対策経営相談窓口専門家

奥浜名湖商工会および浜北商工会より「新型コロナウイルス感染症対策経営相談窓口の窓口専門家」に委嘱されました。期間は6月5日~12月25日です。コロナ禍で厳しい経営状況が続く事業者の皆さまへ微力ではありますが、お役に立てるよう支援していきます。

対策パッケージ(新型コロナウイルス感染拡大)

政府は28日、新型コロナウイルスの感染拡大への新たな対策パッケージを決定します。2021年前半までに国民全員分のワクチンを準備できるよう予算を確保するのが柱です。インフルエンザの流行に備えた検査体制の充実や雇用調整助成金の特例の延長も打ち出します。安倍晋三首相が記者会見して説明します。安倍首相の健康不安説とも重なり、注目の会見となりそうです。

起業するならはままつ起業家カフェへ相談

今日は、はままつ起業家カフェ相談当番です。コロナ禍で起業へのモチベーションが落ちているかもしれませんが、この時期を逆にチャンスと捉えて、コロナ収束後を見据えて、今のうちから準備を始めることも必要です。事業計画策定(金融機関提出)などを主に支援しています。創業サポート融資や登録免許税軽減などメリットもたくさんありますので、起業を考えている方は、ぜひはままつ起業家カフェの扉を開けてください。要予約 連絡先 053-525-9746

ランチ・住宅周辺立地・少人数(1~2人)

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、飲食店の客足の戻り方に差が出ています。トレタ(東京品川)の顧客管理サービスを導入する全国1万店のデータによると、来店客の回復は「ランチ」「住宅街立地」「少人数」ほど早かったということです。営業スタイルや出店戦略も変化を迫られそうです。地方都市でも繁華街と郊外でコロナの影響にも差(郊外のほうが比較的影響が少ない)があるように思われます。

新型コロナウイルス感染60歳以上の割合増加

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は21日、国内の感染者で中高年が占める割合が増加しているとの見解を示しました。60歳以上の拡大が目立ち、大阪府などでは重傷者数も増加傾向にあります。分科会はワクチンも重症化リスクが高い高齢者らを優先して接種すべきだとの考えを示しています。われわれ60歳を過ぎた人間にとっては、とても恐ろしいデータです。改めて注意を喚起したいと思います。うがい、手洗い、3密を厳守しましょう。

紙の通帳発行に手数料徴収

みずほ銀行は2021年1月から紙の預金通帳を発行する場合に1千円(消費税別)の手数料を取ります。新たに口座を開く(通帳の繰り越しも含む)個人や企業を対象にします。手数料のかからないデジタル通帳との選択制とし、利用者をデジタルに誘導します。ネットバンキングの利用を促しながら経費削減につなげるのが目的です。他の金融機関でも発行手数料の徴収は検討課題となっており、有料化する動きが広まりそうです。個人的には紙の通帳に愛着を感じますが・・・

PCR検査予約サイト開設へ

政府はPCR検査を受けられる診療所の検索や予約が一元的にできるサイトを10月に立ち上げます。検査結果はスマートフォンなどにデジタルデータで送付する仕組みを検討しています。まずビジネス目的の海外渡航者に限定して始める予定で、検査体制の拡充に合わせて対象(留学生や東京オリパラの海外予選に参加する選手など)を広げる見通しです。

第17回起業サロン(先輩起業家に聴こう)

IPO企業の時価総額

新型コロナウイルス禍で世界の新興企業の評価が様変わりしています。注目銘柄が多かった2019年に新規株式公開(IPO)した企業の時価総額をコロナ前後で比較したところ、在宅での仕事や娯楽を支援する「ステイホーム」銘柄が躍進しています。顧客の外出を伴う事業モデルは苦戦が目立ち、一部企業は戦略の見直しを迫られています。「ピンチをチャンスに」に変えることができるか注目です。

商業ビル空室に変化

新型コロナウイルスの感染拡大で、商業ビルなど不動産の借り手の顔ぶれが変わり始めています。営業休止や時短営業が続いた飲食店向けの賃貸物件は、東京都渋谷区で空室が前年同期の2倍になっています。一方で、テレワークの普及で需要が伸びるシェアオフィスの入居が増えています。コロナ禍は街の新陳代謝を促す契機となる可能性も秘めています。浜松など地方都市ではどのような影響が出るのか注視したいと思います。